Loading…

Medical診療案内

General dentistry一般歯科

一般歯科
虫歯、歯の痛み、違和感・・・まずは一般歯科にご来院ください

虫歯や歯が欠けてご来院頂いた際に行う診療が一般歯科です。虫歯を削り、歯の補綴治療を行い、患者様を痛みや悩みから解放します。

虫歯は発見が早いほど削る部分も少ない

虫歯はミュータンス菌などの細菌が、糖を分解して酸をつくる影響で発生します。この酸は歯質を溶かすため、歯は欠損します。欠損した部分は元に戻ることはないため、削って被せ物や詰め物をして治療します。 早期に見つかるほど削る部分は少なく済み、その分歯への負担も減ります。定期検診に通い予防を行うか、痛みを感じたらすぐに当院へお越しください。

虫歯になりやすくなる3つの条件

虫歯は単純に歯磨きをしないとなるように思えますが、実はいくつかの要素が関係しあって虫歯は発生しています。
それは、虫歯菌の数、糖分の摂取量、菌の性質です。そしてそれらが多く一緒にお口の中にいて、その時間が長いほど虫歯になりやすい環境になります。3つの要素の全てを減らすことが虫歯予防のポイントです。

虫歯の進行の仕方と治療方法

虫歯は歯の表面から内部へと侵蝕をし、神経を経由し歯根へと到達します。歯周病とはことなり、早い時期から痛みを伴いますので、異変を感じたら我慢せずに当院へお越しください。

c0自覚症状はありませんが、不透明なにごりができます。見た目では判別が難しいこの段階では、まだフッ化物塗布で治すことが可能です。
c1歯の表面であるエナメル質が溶けて穴が開いた状態です。痛みはまだ感じません。樹脂で穴を塞ぐ治療がほとんどです。
c2象牙質まで穴が開いた状態です。この段階になると冷たいものが染み始めます。虫歯部分を削って金属などの詰め物をします。
c3虫歯が神経まで達することで、就寝もままならないほどの激痛が走ります。神経を取り除き、金属などの被せ物をします。
c4神経は死んでしまい、痛みは落ち着き、歯根だけが残ります。歯根には膿もみられます。抜歯をし、義歯治療を行います。

一般歯科では虫歯などの治療をメインにしています

一般歯科では、虫歯はじめ歯そのものの治療をしています。虫歯になっている部分を除去し、代わりの詰め物などでそこを補います。虫歯は原因菌が出す酸で歯が溶ける病気で、対応が早期であるほど除去する範囲は少なくてすみますから負担の少ない治療ができます。
片山歯科医院では、虫歯ができるメカニズムを細菌の数や性質・糖分や歯磨きといった点からわかりやすく解説しています。ポイントがわかると虫歯予防も効率よくでき、当院では予防のためのアドバイスも積極的に行っています。

Pediatric dentistry小児歯科

小児歯科
乳歯の段階だからこそ、しっかりとした予防・治療が必要です。

歯の健康を考えた取り組みは乳歯が生えたときから必要になります。
特に乳歯は永久歯のための場所取りの役割や、のちの歯並びへの影響を持った歯であるため、定期的に小児歯科にお越しいただき、経過を見せて頂くことでトラブルを避けることが出来ます。

こどもの虫歯も放っておいてはいけません

「乳歯はどうせ生えかわるから」や、「痛がらないから大丈夫」などと言って虫歯を放置してはいませんか?
乳歯の虫歯は下で待機している 永久歯にまで進行したり、歯が早く抜けることで 歯並びが悪化したりと影響することがあります。また、ひどい虫歯を放っておくと血液中に菌が入り、さらなる疾患の原因になるとも言われております。


シーラントで奥歯の虫歯予防を

生えたばかりの歯のエナメル質は未熟で柔らかく、虫歯になりやすい状態になっています。さらに奥歯には複雑な溝があり、食べ物のカスが入りこみやすく、そこに虫歯原因菌が繁殖すると虫歯になります。
そこで、虫歯になっていない奥歯の溝を樹脂(シーラント材)で被い、食べ物が入り込まないようにし、虫歯を予防することが出来ます。


フッ素塗布をして歯質強化

生えたばかりのエナメル質が弱い乳歯は、生えてから2年ほど経過すると唾液中のカルシウムや食物中のフッ化物などが沈着して虫歯になりにくい歯質になります。
第一乳臼歯が生えたら、定期的なフッ化物塗布をお薦めします。永久歯も同様に生えてから約2年は柔らかいため、14歳くらいまでに虫歯にしないように、フッ化物塗布をしましょう。

Orthodontics矯正歯科

矯正歯科
歯列矯正には、見た目以外にもさまざまなメリットがあります。

歯は適切な力と噛み合わせで食物を噛み、消化を助ける臓器です。
歯並びが悪いと噛むバランスが悪いことや噛み合わせが不適切なことがあります。
矯正歯科で歯並びを治すと、歯の機能も回復し、自然ときちんと整列したキレイな見た目を手に入れることが出来ます。

成長期が終わった方や大人も矯正できます

矯正治療に一番好ましい時期はもちろん、顎の発達する力を利用しながら歯を動かすことが出来る成長期前、特に永久歯が生え始める頃です。乳歯の頃から矯正を始めるタイミングを様子を見て始めることが最善ですが、今は治療法も進み、歯や歯肉、骨が健康であれば何歳でも治療することは可能です。子どものころにできず、大人になって自主的に矯正治療を受けられる方もたくさんいらっしゃいます。矯正治療をお考えなら、まずは当院へご相談ください。


矯正治療の流れ

当院における矯正治療の流れをご説明致します。

01 初診(矯正相談)
お口の中を視診し、治療法、期間、費用や支払い方法など、治療についての一般的な説明をします。
治療について分からないことや、不安なことがあれば、何でもお尋ねください。ご理解して頂いたら、次の段階に進みます。
02 検査
患者様の歯の状態をくまなく把握するためX線写真、顔・口腔内写真、歯型採得などの検査を行います。
03 診断
X線写真、歯型などを基に検討した治療法、期間、費用、そして注意事項についてお話しします。了解して頂いたら、次回から治療を開始します。
04 治療開始
実際に器具をつけて矯正治療を開始します。矯正治療中は器具に食べ物がはさまるなど、注意点もありますので、ブラッシングも含めてお教えします。
05 装置の調整
治療計画に沿って装置をつけます。約1ヶ月ごとに通院していただき、装置を調整していきます。装置装着の期間はだいたい2~3年かかります。
06 保定
矯正期間が終わると、矯正装置を外します。歯の戻りを防ぐために保定装置を装着します。約3ヶ月ごとに経過をみて、合うように微調整します。
07 メンテナンス
経過観察期間も終了すると、治療終了となります。しかし、治療が終わったこれからも大事ですので、メンテナンスに定期的にお越しください。

Dentures入れ歯

入れ歯
補綴を専門とする院長に一度ご相談ください。

「あまり違和感のない入れ歯がほしい」という方や、「他院でつくった入れ歯に不具合がある」という方は、補綴を専門とする院長に一度ご相談ください。患者さま一人ひとりのお口の状態や噛み合わせなどを考慮した上で、患者さまに適した入れ歯の作製に力を入れています。また、バネや金属が見えないようにする入れ歯もご用意するなど、柔軟に対応させていただきます。

歯が抜けたり、歯周病や虫歯のため抜歯を行った場合は、入れ歯やインプラントの処置を行います。
抜けた歯を放置していると、口腔内はそれに合わせて変化してきます。そのうちに元に戻すために多くの治療が必要なほど歯列や骨の形状が変わってしまいます。歯が抜けてしまった方は一度当院へご相談ください。

歯がぬけたまま放置しておくとどうなるの?

たった一本の歯でも失うと歯列に空間ができて、違和感が生じます。食べ物を食べる際にもその箇所を避けるため、不適切な噛み方をします。審美的にも周りの目が気になり、口を開けて笑いづらくなるかも知れません。 それだけでなく、歯の抜けた箇所を放置すると反対側の歯が出てきたり、隣の歯が斜めに傾いてきたりする歯列の変化が起こります。また、歯の抜けた箇所の顎の骨の部分が吸収されて減ることもあります。


入れ歯でおいしく快適な食事を

歯を補う義歯治療には、インプラントだけではありません。入れ歯はインプラントが登場するまで長年義歯治療の主流な治療法でした。
金具を健康な歯に金具をひっかけたり、床付きの人工歯を口腔内にはめ込んで装着します。

Oral surgery口腔外科

口腔外科
親知らずの抜歯を始めとする、口腔内の外科手術を行う診療科目です。

口腔外科では親知らずの抜歯や外傷の治療など、お口周りの外科治療を行います。
お口周りでお悩みや気になることがありましたらご相談ください。

親知らずの歯は人それぞれの生え方をします

「親知らず」とは、10代後半から20代前半に奥歯の一番奥に生えてくる永久歯のことです。
一般的には27歳ごろに生え終わりますが、人によって合計4本に満たない場合や半分埋まったままや傾いたまま生えてくる場合などがあります。


虫歯になった親知らずは抜歯を

親知らずの抜歯は、簡単なものから大きな手術が必要になる場合まで、その状態により、抜歯方法も様々です。もっとも多い親知らずに関するトラブルは虫歯です。隣の歯と接触する部分が虫歯になり、広がることも良くあります。 また、歯茎に埋もれたまま生えることで炎症を起こす場合もあります。このような場合、投薬では一時的に痛み止めしかできないため、抜歯をお勧めします。


口内炎だと思ったらがんだった

口腔がんには、舌がん、歯肉がん、頬粘膜がん、口腔底がん、口の天井部分にできる硬口蓋がんがあります。口腔がんはがん全体の3%ほどの発症率であるため、そこまで多くはありませんが、他のがんと同じく、放っていると死に至ります。しかし、直接患部を見てがんの有無が分かるため、内臓のがんなどよりも早期発見はしやすいと言えます。検診では問診と視触診を行います。ご予約の上、お越しください。